2008年05月26日

「やわらか戦車」ラレコ先生が広島にやってくる!広島市立大学公開講座 広島アニメーションアカデミー

 「アニメーションを核とした街おこし」を合言葉に、2005年から「有限責任中間法人広島経済同友会アニメーションビエンナーレ基金」がおこなってきました広島市立大学芸術学部公開講座「広島アニメーションアカデミー」が今年も開講します。

 第1回公開講座の講師は、インターネットで絶賛公開中「やわらか戦車」のラレコ先生です。公開講座は『やわらか戦線異常なし〜超人気フラッシュアニメ「やわらか戦車」誕生の秘密〜』と題し、ラレコ先生が漫画家を目指していた時代から、フラッシュアニメ−ションを作るきっかけ、「やわらか戦車」誕生、そして現在に至るまでの裏側、制作秘話などが、ラレコ先生自身の言葉によって語られます。

2.jpg

  「やわらか戦車」は、2005年12月インターネット上に公開されて以来、脚本・作画・音楽・声の出演までほぼ全てをラレコ先生一人で手がけ、現在まで全14作品が発表されています。「やわらか戦車」は、その愛くるしいキャラクターや作品に込められたメッセージが、見るものを、癒し和ませ、たちまち虜にしてしまう不思議な魅力にあふれた作品です。

gallery01_06.gif

 広島市立大学芸術学部公開講座 広島アニメーションアカデミー『やわらか戦線異常なし〜超人気フラッシュアニメ「やわらか戦車」誕生の秘密〜』は、これまで地方都市ではおこなわれることのなかったラレコ先生の講演会となります。「やわらか戦車」とラレコ先生のファンのかた!ぜひこの貴重な機会に、ラレコ先生のお話や作品に触れ「やわらか戦車」の秘密に迫ってみませんか。みなさんのご来場をお待ちしながら退却―!


日    時  平成20年6月1日(日)13:30〜16:00 
場    所  広島市立大学 講堂 小ホール 広島市安佐南区大塚東3-4-1
講    師  ラレコ
定員・入場  150名 入場無料
お問合せ先 有限責任中間法人
         広島経済同友会アニメーションビエンナーレ基金
         TEL 082-249-8901


 「やわらか戦車」公式サイト http://anime.livedoor.com/yawaraka/


 広島市立大学HP http://www.hiroshima-cu.ac.jp/
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 17:12| Comment(1) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

ひろしまフラワーフェスティバルに、アニメクリエーター誕生!

CIMG0197.JPG

 5月3日から、広島市内(平和記念公園・平和大通り他)で開催された広島と世界を結ぶ平和の花の祭典「2008ひろしまフラワーフェスティバル」は、3日間おおむね天候にも恵まれ、盛大な熱気のうちに幕を閉じました。

 「広島アニメーションビエンナーレ2008」の出展ブース「アニメひろば」にも、たくさんの方々にご来場いただきました。

CIMG0229.JPG


 ブースでは、今夏開催する「広島アニメーションビエンナーレ2008」および「第12回広島国際アニメーションフェスティバル」のパネル・チラシによるPR活動と共に、「パラパラアニメーション」・「クレイアニメーション(粘土アニメ)」のワークショップをおこないました。ワークショップは今年も大好評で、たくさんの子供たちが参加してくれました。


 「クレイアニメーション(粘土アニメ)」のコーナーでは、子供たちが思い思いに粘土でキャラクターを作ります。

CIMG0204.JPG CIMG0224.JPG

 
 クレイアニメのオペレータースタッフも、その≪力作≫に応えるべく、映像づくりに自然とチカラが入ります。キャラクターを少しづつ動かしながら撮影する作業は、ほとんどの子供たちが「クレイアニメ」初体験ということで、最初は少し戸惑いながらも、直ぐに慣れ、いろんなアイデアが飛び出します。
 
CIMG0205.JPG komori_0105  

 
 撮影終了後、完成したアニメを見ます。再生が始まるとモニターを見つめる子供たちの表情は真剣そのもの。親御さんたちやギャラリーから大きな拍手が沸きおこり、モニターの前ではしゃぐ男の子や、少し照れた表情ではにかむ女の子など、たくさんの子供たちの笑顔の≪花≫が咲きました。まさにアニメクリエーター誕生の瞬間です。


 開催期間中、皆さまの笑顔に支えられ、「アニメひろば」を無事終了することができましたこと、スタッフ一同、心より感謝してお礼申し上げます。


 アニメーションビエンナーレでは今後も、さまざまな企画や催しを通じ、アニメーションを核とした「街づくり」に努めていく所存でございます。今夏開催します「広島アニメーションビエンナーレ2008」および「第12回広島国際アニメーションフェスティバル」で、また皆さまの笑顔にお会いできますことを、心待ちにしております。ありがとうございました。

komori_0101


 
 
 
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 14:06| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。