2008年03月24日

広島アニメーションビエンナーレ2008の全容が明らかに!

2008年 夏。広島は、まちじゅう、アニメーション

2008年3月25日、広島市政記者クラブにおきまして、「広島アニメーションビエンナーレ2008」の記者会見を開催し、その席上で、2008年夏に開催される、「広島アニメーションビエンナーレ2008」の事業概要を発表しました。

hab2008main_visual.jpg



事業の詳細はこちらから>>【2008/3/25 プレスリリース(pdf)】

開催の目的

広島市では、本年8月7日(木)〜11日(月)の5日間、「第12回広島国際アニメーションフェスティバル」が開催されます。これに歩調をあわせ、「広島アニメーションビエンナーレ2008」を開催し、アニメーションに関するイベントで、まちじゅうを埋め尽し、広島を、まるごと「アニメーションのテーマパーク」へと変貌させ、広島の活性化につなげるものです。

「広島アニメーションビエンナーレ2008」開催概要

(1)テ ー マ
2008年 夏。 広島は、まちじゅう、アニメーション。

(2)会  期
2008年7月〜8月

(3)会  場
福屋 広島駅前店 (南区松原町) 他

(4)事業体制
主 催  広島アニメーションビエンナーレ2008実行委員会
共 催  広島経済同友会 広島商工会議所 広島県 広島市
     ひろしま文化振興財団 広島市文化財団

(5)主な内容
≪メインプログラム≫
「ロボットアニメEXPO」
〜すべては、鉄腕アトムから、はじまった。〜

≪サブプログラム・協賛事業≫
@ 「ひろしま街じゅうアニメーションで賞」
A 広島市立大学公開講座「広島アニメーションアカデミー2008」
B アイ・ラブ・ひろしま
C デパート・商店街でアニメ関連催事
D 映画館・映像文化ライブラリー・公民館でアニメーション上映他

(6)集客目標
400,000人 以上。
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 19:18| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。