2008年07月24日

HFM『Vibe on! Music(バイブオン!ミュージック)』はテンションあげあげでイッちゃいました!広島アニメーションビエンナーレ2008

 7月22日(火) HFM(広島エフエム)『Vibe on! MUSIC(バイブオン!ミュージック)』へ出演のため、広島市南区の広島エフエムへ行ってきました。さっそくスタジオに案内されるとブースの中には、いやはやすでにテンション全開!番組MCトミーこと冨永晃道さんが!!(歌ってるし!ロカビリー!!彼こそ、昨今、めっきりその生息が確認されなくなったロックンロールDJだっー!!音楽) 
 トミーさんとは初対面、だけどなんだか波長が合いそうな、よ・か・ん…黒ハート。これがズバリ!!トミーさんと約10分間テンションあげあげで、『ロボットアニメEXPO』についてしゃべりまくりました。テンションがMAX上がりすぎて、最後はトミーさんを制して勝手に?曲紹介(中川翔子/空色デイズ=『天元突破グレンラガン』オープニングテーマ)までしてしまうおまけつき。とっても楽しいひと時でした。


CIMG1005.jpg
広島が世界に誇るロックンロールDJ!冨永晃道さん(写真左)と。
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 22:58| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

本日発売!Wink広島8月号に『ロボットアニメEXPO&関連イベント情報』掲載!!広島アニメーションビエンナーレ2008 

ひらめき7月23日(水)発売 『Wink広島8月号』に『ロボットアニメEXPO&広島アニメーションビエンナーレ2008関連イベント』の記事が掲載されました。地元広島の情報満載!『Wink広島8月号』は、広島県内の書店、コンビ二エンスストアでお求めになれます。


『Wink広島8月号』
 夏休みを迎えるこの時期、『Wink広島8月号』では週末に行ける日帰り旅をご案内。長いようで短く、短いようで長い夏。暑さで賑々しい喧噪の中で、ふと蘇る幼い頃の記憶やデジャヴ…。そんな思いを五感で感じる夏旅をしてみませんか。
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 16:58| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

『広島県交流定住ポータルサイト 広島暮らし』に広島アニメーションビエンナーレ2008 『ロボットアニメEXPO』 の紹介記事がUPされました。

ひらめき本日7月22日 火曜日 『広島県交流定住ポータルサイト 広島暮らし』 に広島アニメーションビエンナーレ2008 『ロボットアニメEXPO』 の紹介記事がUPされました。(「広島アニメーションビエンナーレ2008」の開催

『広島暮らし』 は広島県の暮らし情報が満載されているお役立ちサイトです!

広島県交流定住ポータルサイト 広島暮らし 
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 16:18| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

明日7月22日(火) HFM Vibe on! MUSIC(バイブオン!ミュージック)に出演!広島アニメーションビエンナーレ

ひらめき7月22日 火曜日 広島エフエム「Vibe on! MUSIC」へ緊急出演決定!ぜひ聴いてください!

Vibe on! MUSIC(バイブオン!ミュージック) MON-THU 17:00-18:55

また番組放送風景をリアルタイム配信でお楽しみいただけます。
HFM MOVIE-Vibe on! MUSICはコチラから
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 20:16| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

7月20日(日)中国新聞朝刊に『ロボットアニメEXPO』の記事が掲載されました。広島アニメーションビエンナーレ2008

ひらめき本日7月20日(日)中国新聞 朝刊に、『ロボットアニメEXPO』の記事が掲載されました。  定期購読のみなさんもそうでない方も、今朝の中国新聞朝刊 芸能面をチェケラ!
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 18:32| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

「今敏〜十年の土産」 広島市立大学公開講座 広島アニメーションアカデミー2008

 7月13日(日) 広島市立大学公開講座 広島アニメーションアカデミー2008は、講師に今敏氏を迎えてお送りしました。今敏氏の印象的な言葉を中心に講演の内容を紹介します。



◆「好きなコトをして生きるのはカッコいい」

 小さい頃は、虫捕りに、切手収集、プラモデルを作ったりと、スタンダードな子供だった。たいていのことに飽きてしまったが、絵を描くことだけは飽きなかった。ギタリストになった兄(今剛氏)に触発されて、「好きなコトをして稼ぐのはカッコいい」と、高校2年生のとき、将来は絵で生きていきたいと思い立ち、武蔵野美術大学へ進学した。



◆「漫画家になりたいと思ったわけではない」

 武蔵野美術大学在学中、将来、絵を媒介にした仕事であればイラストレーターでも漫画家でも何でもいいと思うなか、もともと漫画が好きで、たまたま応募した作品が新人賞を受賞。漫画業界と縁ができ、学校に通いながら短編等制作し、なんとなく漫画家になり、学校を卒業する頃には漫画家になっていた。



◆「なんていい加減な業界」

『老人Z』(=大友克洋原作・脚本)で、美術設定を担当することがアニメ業界との最初の関わりとなった。アニメ業界の印象は、よく言えばおおらかな感じだが、趣味を仕事にしている人たちは仕事のやり方もてんでバラバラで、時間も守らない、なんていい加減な世界だと感じた。『老人Z』はスケジュールが崩壊し、結果、試写会はおろか、公開にも間に合わず大阪の劇場では2日遅れのスタートとなった。



◆「絵が描ければアニメはできる」

『走れメロス』、『MEMORIES−彼女の想いで−』にそれぞれレイアウト・脚本で参加する中、自分でも絵コンテ・演出がやってみたくなった。『ジョジョの奇妙な冒険』で脚本・コンテ・演出をすることになり、作画のチェックは想像以上に大変だったが、絵が描ければ(観察力・デッサン力があれば)時間はかかるかもしれないがアニメはできると実感した。



◆「クリエーターはその作品が最大のプロモーションである」
 
その後、再び漫画の連載を2本進めるなか、『パーフェクトブルー』の話が舞い込んできた。これまでも自分がやりたいと選んだ仕事はなく、自分の知らないところで次の仕事につながっていく。クリエーターはその作品が最大のプロモーションであり、これ以上雄弁なものはない。



◆「『パーフェクトブルー』は自分には向いていないと思った」

『パーフェクトブルー』のシナリオを初めてみたとき、これはホラー・スプラッターで、自分の分野ではない、自分には向いてないと思ったが、ストーリーを変えてもいいとのことだったので、やってみることに。制作現場は、スケジュール崩壊から作品以上にサスペンスフルで制作現場の緊迫感が作品に反映したのでは。『パーフェクトブルー』は監督とし良い経験を積むことができた作品だった。



◆「既存のアイデアを新しい手法でつなぐとこれまでにないモノが生まれる」

『千年女優』はアイデアが評価された作品だが、この作品はよくあるアイデアで既存の映画をモチーフにしたもの。既存のアイデアを新しい手法でつなげていくことでこれまでにないモノが生まれる。新しいアイデアとは、関係のさせ方を発見すること。かたくなに誰もがやったことのないことを探すより、既存のアイデアに新しい関係性を探してみると新しい発見がある。



◆「作れば作るほど、理想が遠くなる」

 クリエーターはモノを作るとき理想イメージを追いかける。だが理想に辿り着けるか?いや絶対に追いつけない。作れば作るほど、もっと良いものを求めていくため、理想がどんどん遠くなる。『千年女優』も制作課程でどんどんイメージが膨らんでいった。理想を追いかけ続ける姿こそ、モノづくりのあるべき姿である。



◆「アイデアを出しつづけることで、新鮮さを維持する」

 TVシリーズ『妄想代理人』では、これまで映画で使えなかったアイデアをリサイクルしながら、13話のアニメバラエティーにチャレンジした。そのころ、これまで監督として映画3本分の経験しかなかったことを、自分の弱点と自覚していたので、TVシリーズをすることで、すべての制作課程を一度に13回できたことは、貴重な経験だった。毎回、常にアイデアを出しつづけることで、新鮮さを維持することがクリエーターにとって大事である。



◆「頭が裏返るくらいイメージを考えるのが大変だった」

 雑誌で筒井康隆氏と対談したとき、筒井氏から直々に小説『パプリカ』のアニメ化をオファーされた。『パプリカ』はこれまでの「ストーリーを見せるためのビジュアル」から「ビジュアルのためのストーリー」というあらたな観点で望んだ作品。夢を映像化することは魅力的な作業だが、これまで上手く映像化できた作品はほとんどない。『パプリカ』は頭が裏返るくらいイメージを考えるのが大変だった。



 今敏監督は、集まった大勢のファンの前で、これまでのキャリアについて語り尽くされました。最後に、現在制作中の最新作の内容も少しだけ紹介、公開は来年!か再来年!?…その次の年??だとか。待ち遠しいですね。



posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 23:35| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

『第12回広島国際アニメーションフェスティバル』プログラム決定!手塚治虫回顧上映など!!

 『第12回広島国際アニメーションフェスティバル』のプログラムが決定しました。故手塚治虫氏の生誕80周年を記念した手塚治虫回顧上映『アニメーションより愛をこめて/手塚治虫の仕事』では短編アニメ作品の上映と著名なアニメ関係者によるトークショーがおこなわれます。ディズニー、ピクサー、コンペ作品と今回も見どころ満載のプログラムです!

詳しくはコチラ
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 21:59| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

更新情報 2008年7月17日 

NEW「Habyクラブ」頁内、「ひろしま街じゅうアニメーションで賞」に『作品づくりのヒント 〜作品イメージ〜(pdf)』をUPしました。
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 19:37| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

本日発売!『週刊TVガイド』(表紙は山下智久さんです!)へ『ロボットアニメEXPO』記事掲載! 広島アニメーションビエンナーレ2008

ひらめき7月16日(水)発売の『週刊TVガイド 広島・島根・鳥取・山口東版/7月25日号』で『ロボットアニメEXPO』の記事が掲載されました。広島・島根・鳥取・山口東エリアの方は、お近くの書店・コンビ二でお求めになれます。ご覧ください。
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 11:27| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

広島エデュケーショナルフィルムマーケット参加校決定!第12回広島国際アニメーションフェスティバル

 第12回広島国際アニメーションフェスティバルにて、広島におけるコンテンツマーケットの実現と人材発掘を目的として、前回大会に引続き「広島エデュケーショナルフィルムマーケット」が開催されます。<広島アニメーションビエンナーレ2008もこの「広島エデュケーショナルフィルムマーケット」に協賛しています!>
 その参加校が決定しましたのでお知らせします。全国からアニメーション・CG専攻の国公私立大学・専門学校総勢17校が集結します。クリエーターを目指す高校生、有望な人材を求める企業のみなさんはもちろん、アニメーションファンの方も、「広島エデュケーショナルフィルムマーケット」で若き才能に触れてみませんか。ぜひお立ち寄りください。

≪参加校≫

武蔵野美術大学
東京デザイナー学院
女子美術大学
東京工芸大学
東京藝術大学
東京造形大学
中京大学
京都造形芸術大学
神戸芸術工科大学
京都精華大学
大阪デザイナー専門学校
大阪芸術大学
比治山大学短期大学部 
穴吹デザイン専門学校
広島国際学院大学
広島市立大学
九州大学
(順不同)


開催期間: 2008年8月7日(木)〜8月11日(月)

会   場: アステールプラザ 広島市中区加古町4-17

お問合せ: 広島国際アニメーションフェスティバル実行委員会事務局
        電話 082-245-0245 http://hiroanim.org/
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 11:47| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

RCCラジオ「本名正憲のきょうもゴゴイチ」へ出演!広島アニメーションビエンナーレ2008

 7月11日 金曜日 RCCラジオ「本名正憲のきょうもゴゴイチ」へ出演しました!
 番組パーソナリティの本名正憲さんとは、「アニメーションビエンナーレ2004」以来これまで何度か共演、気心もバッチリ知れ、番組は順調に進行!がそこは、すんなりとは終わるはずがないのであります。自他とも認めるアニメ好きNo.1アナウンサー!?本名さん!番組が進むに連れ、手元の資料にも載っていない、マニアックな話題が随所に飛び出し、アシスタントの藤村伊勢アナも、すっかり置いてきぼりの、ふたりだけの世界へ…黒ハート
 かくして今回もあえなく予定時間をオーバーの末、無事?終了しました。アニメ番組としてのレギュラー化を望まれる方は、RCCラジオまでお願いしますグッド(上向き矢印)


CIMG0848.JPG

マニアックワールド!?なスタジオ内
本名正憲アナ(左)と藤村伊勢アナ(中央)
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 18:00| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

FMちゅ−ピー『広島すまいるパフェ』出演!広島アニメーションビエンナーレ2008

 毎週木曜日にFMちゅーピー『広島すまいるパフェ』へ出演することになりました!「広島アニメーションビエンナーレ2008」の情報やアニメ関連の話題満載でお届けします。 
 ということで、さっそく7月10日(木)広島市中区土橋町FMちゅーピーのスタジオにおじゃましました。生放送でどうなることかと思いきや、いきなり全開トーク炸裂!番組パーソナリティーの大江貴世子さんとも初対面でしたが、息もピッタリ!?(合わせていただき、ありがとうございました)でおおいに盛り上がりました。(盛り上がり過ぎて予定時間をあえなくオーバー、押しに押しまくりました。ディレクターさんゴメンナサイ。)
 FMちゅーピー『広島すまいるパフェ』に8月21日(木)まで全7回出演します。時間は15:00頃からです。ぜひ聴いてみてください!


CIMG0844.JPG
番組パーソナリティー大江貴世子さんと



posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 23:23| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

7月11日 RCCラジオ「本名正憲のきょうもゴゴイチ」に出演します!広島アニメーションビエンナ−レ2008

ひらめき7月11日 金曜日 RCCラジオ「本名正憲のきょうもゴゴイチ」へ出演します!
  出演時間は13:20頃からです。本名さんとのトークが楽しみです。
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 20:21| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

街頭ビジョン&TVCF放映スタート!!広島アニメーションビエンナーレ2008『ロボットアニメEXPO』

 広島アニメーションビエンナーレ2008『ロボットアニメEXPO』のCFが完成!(かなりカッコいい映像に仕上がってます!)。さっそく街頭ビジョンとTVでの放映がスタートしました。街頭ビジョンは、NAVIA(本通り入口 積善舘ビル)、八丁掘C−vision(八丁掘交差点)で、TVCFは広島の民放4局にて放映します。みなさん注目して見てくださいね!

CIMG0810.JPGtime00:00'00.357

CIMG0812.JPG time00:00'02.254

CIMG0814.JPG time00:00'04.125

CIMG0816.JPG time00:00'06.798

CIMG0820.JPG time00:00'08.859

CIMG0822.JPG time00:00'10.742

CIMG0826.JPG time00:00'12.638

CIMG0828.JPG time00:00'14.612


ラジオCMも近日放送スタートします。お楽しみに。

ひらめきラジオといえば、これからFMちゅ−ピー『広島スマイルパフェ』に出演します(時間は15:00頃)。お近くの方、ぜひ聴いてください。76.6MHzに stay tune!
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 14:14| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

協賛事業で街じゅうアニメーション! 広島アニメーションビエンナーレ2008協賛事業全容!!

 広島アニメーションビエンナーレ2008の協賛事業は、前回(2006年)を上回る65もの企業・団体の皆さまに参画いただきました(7/9現在まで)
 広島市立大学公開講座を皮切りに、アニメ映画上映会、アニメキャラクターショー、アニメプラモ展、アニソンイベントなどなど!!広島の夏は、まさに街じゅうアニメーション!!詳しく当HP内「協賛事業カレンダー」で紹介していますので、ご覧ください!!


CIMG0751.JPG
今年3回目となる記者会見は協賛事業のご案内!
にぎにぎしくお送りしました!!


CIMG0752.JPG
取材カメラもたくさん来ていただきました。
ありがとうございました。



posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 19:14| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更新情報 2008年7月9日

NEWロボットアニメEXPO」頁内、開催概要「チケットのお求め」にJR西日本を追記しました。
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 18:23| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

更新情報 2008年7月4日

NEW協賛事業カレンダーをUPしました。
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 23:45| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

お申込み方法/広島市立大学芸術学部公開講座 「広島アニメーションアカデミー2008」

広島市立大学芸術学部公開講座 「広島アニメーションアカデミー2008」のお申込み方法は次のとおりです。

お申し込みは電子メールでのみ受けたまわります。

必要事項をご記入のうえ、下記メールアドレスまでお送りください。

aniaca-hcu@art.hiroshima-cu.ac.jp


必要事項:【件名(subject)】を「第○回 受講希望」として、住所・氏名・連絡電話番号を記述してお送りください。広島市立大学生は、学部・学科・学年・氏名を記述してお送りください。
※お送りいただいた個人情報は公開講座受付処理にのみ使用いたします。



今後のスケジュールと各回の申込締切日は次のとおりです。


第2回 7月13日(日) 講師/今 敏 氏(アニメーション映画監督) フライヤpdf
    ◆申込締切日 7月10日(木)


第3回 7月20日(日) 講師/東 不可士 氏(TVアニメ プロデューサー)
    ◆申込締切日 7月17日(木)


第4回 8月 3日(日) 講師/安彦 良和 氏(漫画家、キャラクターデザイナー)
    ◆申込締切日 7月31日(木)



※各回定員になり次第締め切らせていただきます。お早めに申し込みください。
 定員:各回200名
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 21:01| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

更新情報 2008年6月25日

NEW「ロボットアニメEXPO」頁内、開催概要「チケットのお求め」にJTBを追記しました。
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 21:43| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

更新情報 2008年6月13日

NEW「ロボットアニメEXPO」頁内、開催概要「チケットのお求め」に福屋(八丁掘本
   店、広島駅前店)、デオデオ本店を追記しました。

NEW「広島アニメーションアカデミー2008」頁内、お問い合せ先を変更しました。
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 16:47| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。