2008年08月15日

アニメソングイベント『アイラブひろしま』開催間近! FMちゅ−ピー「広島すまいるパフェ」スタジオは萌え萌え!? 広島アニメーションビエンナーレ2008

 毎週木曜日の午後は、FMちゅ−ピー「広島すまいるパフェ」の生出演!冒頭のご挨拶代わりの生歌もすっかり定着!?してきました今日このごろですが、早いもので8月14日(木)も含めて残すところあと2回の放送となります。今回の放送は、8月24日(日)に開催されるアニメソング(=アニソン)イベント『アイラブひろしま』の話題でお届けしました。スタジオには、ゲストとして、アイラブひろしま実行委員会代表 猫本力さんとライブアクトからアニソンユニット『おこさまらんち』のもみじさんにお越しいただきました。『アイラブひろしま』は、これまで広島ではあまりおこなわれることがなかったア二メソングだけを集めたライブイベントです。地元広島を拠点に活動する6組のバンド・ユニットがアニソンで共演します。
 イベント開催に向け実行委員会代表の猫本さんは『このイベントをきっかけに広島でアニソンの輪が広がってくれれば嬉しいです!』と言えば、『おこさまらんち』のもみじさんも『広島を”萌え”で盛り上げたい!』と抱負を語られました。アニソンファンの方はもちろん、アニソンに興味がある方、ぜひこの機会に『アイラブひろしま』に遊びに来てアニソンの魅力に触れてみてください!みんなの知ってるあの曲この曲で、萌え上がれること間違いなしです!!


アニソンイベントライブ『アイラブひろしま』

開催日:2008年8月24日(日)

時 間:14:00(開場13:30)

場 所:HIROSIMA BACK BEAT
     広島市中区三川町9-6-2F(とうかさん横、らーめん横丁2F)

出 演:おこさまらんち、瑞野ゆうか、mind soap、
     HAM Project、DOPEINSANE、黒ハートful.おでん  

入場料:1000円 (ドリンク別:500円)


ひらめきアニソンイベントライブ『アイラブひろしま』HPはコチラ


CIMG1137.JPG
アイラブひろしま実行委員会代表 猫本力さん(=写真左)
おこさまらんち もみじさん(=写真中央)
番組パーソナリティ 大江貴世子さん(=写真右)


posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 14:27| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

ウェブサイト『文化庁メディア芸術プラザ MAP』に広島アニメーションビエンナーレ2008 『ロボットアニメEXPO』 の紹介記事がUPされました。

ひらめき本日8月14日 木曜日 文化庁が運営企画するウェブサイト『文化庁メディア芸術プラザ MAP』に広島アニメーションビエンナーレ2008『ロボットアニメEXPO』の紹介記事がUPされました。

『文化庁メディア芸術プラザ MAP』 TOP >INFORMATION >展覧会・イベント情報

『文化庁メディア芸術プラザ MAP』は「文化庁メディア芸術祭」ならびに、メディア芸術関連の情報を提供するウェブサイトです。『文化庁メディア芸術プラザ MAP』はコチラ
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 19:26| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

第12回広島国際アニメーションフェスティバル閉幕 グランプリは山村浩二監督に!

 広島市中区アステールプラザで開催されていた第12回広島国際アニメーションフェスティバルでは、最終日8月11日(月)受賞作品が発表され表彰式がおこなわれました。グランプリ作品には山村浩二監督『カフカ 田舎医者』が選ばれました。詳細はコチラ
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 19:57| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HFMオバレボ(広島エフエム オーバーザレインボー)へ生出演!! 広島アニメーションビエンナーレ2008

 8月11日(月)広島エフエム『オーバーザレインボー』に生出演しました!番組パーソナリティ石澤良一さんとは実は同じ穴のむじな。2004年、アニメーションビエンナーレ立ち上げのときの同士で、スタジオで涙の再会!?を果たしたのでありました。かつての同士との再会に、舌もなめらか『ロボットアニメEXPO』のPRも、いつもより多めにしゃべっております状態!!ビミョーな発言もございましたが、そこは得意の!?インプロビゼーションで緊急回避!!ほんとに楽しいひとときでした。石澤さんまた一緒にやりましょう!

CIMG1120.JPG
番組MC 石澤良一さん(=写真左)・徳永真紀さん(=写真右)と



ロボットアニメEXPO
会 期:8月7日(木)〜8月26日(火)
時 間:10:00〜20:00(入場は閉場30分前迄/最終日は18:00閉場)
場 所:福屋広島駅前店8F催場
     広島市南区松原町9-1
入場料:おとな・こども共通 600円  ※税込 ※2歳以下無料
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 19:00| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

『親子で作ろう!模型体験コーナー』 ガンダム他プラモデルワークショップ 広島アニメーションビエンナーレ2008

 広島アニメーションビエンナーレ2008『ロボットアニメEXPO』は開幕から初めての土曜日ということもあり初日、2日目を大きく上回るたくさんの方にご来場いただきました。
 この土日の開催中、同じ福屋広島駅前店、6階 マルチの広場で、夏休みの親子を対象としたワークショップイベント『親子で作ろう!模型体験コーナー』を実施しています!参加は無料、先着でガンダムなどのプラモデルをプレゼント、その場で組み立ててもらいます。組み立てに、工具・接着剤等は不要で、小さいお子さんも簡単に組み立てることができます。はじめての方も、プロの先生がやさしく指導しますので、安心してご参加いただけます。
 ワークショップイベント『親子で作ろう!模型体験コーナー』は明日8月10日(日)まで実施しています。『ロボットアニメEXPO』と併せて夏休みの思い出に、ぜひご参加ください。


名   称:親子で作ろう!模型体験コーナー

日   時:8月 9日(土)= 終了
       8月10日(日) 11:00から(開始時間変更の場合あり) 

場   所:福屋広島駅前店6F マルチの広場
 
対   象:親子ペア(小学生以下とそのご家族)
 
参 加 料:無料
 
申込受付:当日6F会場にて随時受付。各日先着170組様限定。
       定員になり次第終了させていただきます。


DSC00010.JPG
8/9(土)は170組の皆様にご参加いただきました。

posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 23:06| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

ロボットアニメEXPO開幕! 広島アニメーションビエンナーレ2008

 広島アニメーションビエンナーレ2008『ロボットアニメEXPO』がついに開幕しました! みなさまのご協力のおかげでこの日を迎えることができましたことを心より感謝申し上げます。開幕に先立ち、藤田広島県知事をはじめ各界の代表をご来賓としてお招きしオープニングセレモニーをおこないました。テープカットのコンパニオンにあのマチルダ中尉とセイラ・マスも現われて!?会場は大いに盛り上がりました。オープニングセレモニーのあとはいよいよ『ロボットアニメEXPO』のお披露目!お集まりいただいたみなさまにじっくりお楽しみいただきました。
 『ロボットアニメEXPO』は今日から今月26日(火)まで福屋広島駅前店8F催場にて開催。会場では抽選でアニメグッズが当たるクイズラリーも限定実施中。みなさんお誘い合わせのうえご来場ください。お待ちしております。
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 19:24| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

ロボットアニメEXPO開幕前夜 広島アニメーションビエンナーレ2008

いよいよ 明日8月7日 木曜日、広島アニメーションビエンナーレ2008『ロボットアニメEXPO』が開幕を迎えます!!昨日からの夜を徹しておこなってきました会場設営も無事完了!あとは開幕の朝を待つばかり。スタッフ一同、皆さまのご来場を心よりお待ちしております。新旧ロボットアニメで揃えた貴重映像&フィギュアの数々は、きっと皆さまに、楽しんでいただけます!ぜひお越しください!!


ロボットアニメEXPO

会 期:8月7日(木)〜8月26日(火)
時 間:10:00〜20:00(入場は閉場30分前迄/最終日は18:00閉場)
場 所:福屋広島駅前店8F催場
     広島市南区松原町9-1
入場料:おとな・こども共通 600円  ※税込 ※2歳以下無料 


CIMG1064.JPG

posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 23:34| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

テレビ東京 アニメプロデューサー 東 不可止(あずまふかし)氏 地元広島凱旋講演! 広島市立大学公開講座 広島アニメーションアカデミー2008 Vol.3

 7月20日(日) 広島市立大学公開講座 広島アニメーションアカデミー2008は、講師にテレビ東京 アニメプロデューサー 東 不可止(あずまふかし)さんを迎えてお送りしました。東さんは広島出身、地元のファンのみなさんを前にした今回の公開講座の内容を紹介します。


◆テレビ東京のアニメシェアはイチローの打率ぐらい
 テレビ東京は「アニメと経済の両輪でやっていく」と掲げているだけに、局の編成部門にアニメ放送部というアニメ制作専門の部がある。アニメ制作専門の部があるのはテレビ局でもテレビ東京だけ。現在、東京地区では再放送も含め、1週間に100本程のアニメが放送されているが、その内37本がテレビ東京で放送されており、そのシェアはイチローの打率ぐらいある


◆アニメが番組として成立しにくい時代
 今、テレビアニメの制作費は30分/一本に1200万〜1800万円くらいかかる。テレビ東京は全国6局ネットで、1クールで3億円ぐらいお金を集めないと放送できない!テレビアニメは製作者・出資者にとってはハイリスクハイリターンな番組。家族みんなで楽しめるような作品が減っているのは、スポンサーが集まりにくく、成立条件が厳しくなっているから。本当にやりたい作品を作るのはなかなか難しい時代。


◆アニメの制作方法は3つ
 1つは、制作会社にこういう番組を作ってくださいと発注する『発注番組』、テロップの制作著作にテレビ東京の文字が入る。2つめは、番組を購入してくる『購入番組』といわれるもの、例えばディズニーとかから。3つめは出来上がった番組を放送枠として電波料をもらい放送するという形態。『発注番組』は海外での放送やおもちゃの商品化などのビジネスのイニシアチブを取ることができ非常にメリットがある。しかし『発注番組』として手掛けたものの、スポンサーの協力が得られず『持込番組』になってしまうこともしばしば。会社にはおこられます。


◆一般の番組と同じ土俵で勝負できるか
 3年ぐらい前は番組改編時期に15本ぐらいの新作があったが、今は5〜6本程度。視聴率が稼げなくなってきて特にゴールデン枠(19:00〜22:00)にかけにくい。ゴールデンで視聴率を稼げないのは即、局のイメージダウンにつながる。テレビ局はデジタル化に伴う莫大な設備投資などがあり、経営上、慎重にならざるを得ない状況。子供が減っていることもあり、今のアニメは冬の時代になってきている。ゴールデンにアニメがないとテレビの中心的なコンテンツというイメージがないので、プロデューサーとしては、いかに一般の番組と同じ土俵(ゴールデン)で勝負できるかを常に考えなければならない。


◆コンテンツビジネスの担い手として有望視
 スポンサー収入が不調のなか、一方で、アニメはコンテンツビジネスの担い手としては有望視されている。アメリカ・ヨーロッパ・アジアでの放送権利、商品展開など。アニメをひとつのビジネスとして割り切って考えた場合、あらかじめ、海外での放送を見据えた番組づくりが必要。しかし海外、特にアメリカは表現方法にかなり制約があり、製作者にストレスを与えてしまう。製作者に出来るだけ、やりたいことをさせてあげられるよう外部とたたかうこと、製作者を守ることが僕らの仕事でもある。


◆今やらなければならない仕事をきちんとやる
 たまたまテレビ局にいるという立場で考えた場合、できるだけ多くの人に、良い番組を見てもらえる機会をどう実現できるかを考えている。つまり、やりたい番組の企画があって、成立させるための条件をどれだけ揃えられるかということ。実績があって信頼され、お金をすぐに集められなければ実現できない。それは、今やらなければならない仕事をきちんとやって実績を積んではじめて可能になる。どんな仕事にも通じると思うのだけれども。


◆作り手の熱意が番組の出来を左右する
 どんな番組でも必ず一番最初に「コレやりたい!」という人がいて、その人の熱意がどこまであるかということが番組の大きな部分を左右している。いかに、みんなで「やろうよ!」という雰囲気の現場をつくっていけるか。画を描く人、声を入れる人、音楽を作る人、すべての人から伝わってくる熱意が本当に画面に現れ、カタチになる。でもそういうモチベーションを下げてしまうのが、だいたい局のプロデューサーなんですよ。つまんないこと言って(笑)。



 後半は、東さんがこの日のためにと、あかほりさとる先生を特別ゲストにお招きしフリートークセッション形式でおこないました。あかほり先生と東さんの出会いやこれまで一緒にやってこられた仕事、業界の裏話などなど。あかほり先生は、創作に関する秘密も明かしてくれました。前半と打って変わってざっくばらんなお二人のお話は場内を大いに沸かせてくれました。ありがとうございました。


posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 12:08| Comment(1) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

開催迫る!安彦良和先生講演!! 広島市立大学公開講座『70年代のアニメとガンダム』は8月3日 日曜日! 広島アニメーションビエンナーレ2008

 講師に安彦良和氏をお招きする「広島市立大学芸術大学公開講座 広島アニメーションアカデミー2008 Vol.4」が、いよいよ8月3日(日)におこなわれます。
 多くの人気作品のキャラクターデザインと作画監督を務め、後のクリエイター達に多大な影響を与え続けている、あの安彦良和先生が広島にやってきます!
 アニメ作品の制作に携わったのち、小説・漫画へと活動の場を移され、現在は、漫画家としてご活躍中です。
 今回の講座は『70年代のアニメとガンダム』と題し、第1部では「アニメーション制作時代」、第2部は「漫画制作時代」としてお届けする予定です。静止画・動画を織り交ぜ、人気作品を生み出す創作過程の秘密に迫ります!


日 時: 2008年8月3日 日曜日 13:30開演

場 所: 広島市立大学 講堂 小ホール 
      広島市安佐南区大塚東三丁目4番1号

講 師: 安彦 良和 氏

定 員: 200名


ひらめき残席はわずか!参加ご希望のかたは今すぐお申込みを!!

お申込みはメールでのみ。詳細は当HP「広島アニメーションアカデミー2008」の頁をご覧ください。
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 13:13| Comment(1) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

本日発売!月間タウン情報ひろしま『Tj Hiroshima 8月号』へ『ロボットアニメEXPO』の記事が掲載されました!チケットプレゼントも! 広島アニメーションビエンナーレ2008

ひらめき7月25日(金)発売の月間タウン情報ひろしま『Tj Hiroshima 8月号』(今月のイベント頁)へ『ロボットアニメEXPO』の記事が掲載されました。チケットプレセントもあります!ぜひお早めにご覧ください。月間タウン情報ひろしま『Tj Hiroshima 8月号』は広島県内の書店・コンビ二でお求めになれます。


紙.jpg

月間タウン情報ひろしま『Tj Hiroshima 8月号』
|特集1|昼は、涼を求めて  避暑地カフェ&レストラン
|特集2|夜は、広島流飲み処  鉄板居酒屋
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 12:44| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。