2008年06月12日

「ロボットアニメEXPO」チケット情報&広島市立大学公開講座には『機動戦士ガンダム』のあの安彦良和先生も登壇!

 6月10日(火)、広島市中区 広島市役所11階 広島市政記者クラブにて「広島アニメーションビエンナーレ2008」の記者発表をおこないました。「広島アニメーションビエンナーレ2008」の記者発表は今年3月に続いて2回目となりますが、今回は、8月開催の「ロボットアニメEXPO」のチケット情報と広島市立大学芸術学部公開講座「広島アニメーションアカデミー2008」開催についてご案内しました。


CIMG0671.JPG



発表内容は次のとおりです。


●「ロボットアニメEXPO」(開催8/7〜8/26) チケット販売のお知らせ

料金:
当日券 おとな・こども共通 600円
前売券 おとな・こども共通 500円
※2歳以下無料 ※消費税込

前売発売:
2008年6月11日(水)から

販売窓口:
ローソンチケット(Lコード:69058)、
電子チケットぴあ(Pコード:986-159)、
福屋(八丁堀本店、広島駅前店)、デオデオ本店
 
特典:
「第12回広島国際アニメーションフェスティバル」の当日券購入時、販売窓口にて、「ロボットアニメEXPO」のチケット半券をご提示いただくと、1プログラム券につき1回に限り、前売料金を適用します。

お問合せ:
広島アニメーションビエンナーレ2008実行委員会 電話082-249-8901

「ロボットアニメEXPO」の詳細はコチラ



●広島市立大学芸術学部公開講座 「広島アニメーションアカデミー2008」 開催の  お知らせ

 広島市立大学芸術学部公開講座 「広島アニメーションアカデミー2008」は、広島の文化振興とクリエイター育成を目的に、最前線で活躍中のアニメーション作家、アニメ監督達を招き、全5回で開講いたします。クリエイターを目指す方、映像関連の仕事に従事されている方、ファンの方々、多数ご参加ください。

開催場所:  
広島市立大学 講堂 小ホール 広島市安佐南区大塚東三丁目4番1号  

   
開催日程:

2008年6月 1日(日) 終了
講師/ラレコ  
Webアニメクリエーター、
主な作品『やわらか戦車』、『くわがたツマミ』

2008年7月13日(日) 13:30〜
講師/今 敏(こん さとし)  
アニメーション監督、漫画家、
主な作品『東京ゴッドファーザーズ』、『パプリカ』

2008年7月20日(日) 13:30〜
講師/東 不可止(あずま ふかし)
テレビアニメプロデューサー
主な番組『アイシールド21』、『NARUTO疾風伝』

2008年8月 3日(日) 13:30〜
講師/安彦 良和(やすひこ よしかず)
アニメーター、キャラクターデザイナー、漫画家
主な作品『ヴィナス戦記』、『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』

2008年8月24日(日)
講師/調整中

定員:  
各回150名

お問合せ: 
広島アニメーションビエンナーレ2008実行委員会 電話082-249-8901

広島市立大学芸術学部公開講座
「広島アニメーションアカデミー2008」の詳細はコチラ
  


以上、6月10日(火)におこなった記者会見についてお知らせしました。多数お集まりいただいた報道関係の皆さま、ありがとうございました。
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 18:39| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

更新情報 2008年6月11日

NEW「ロボットアニメEXPO」頁内、開催概要に、「料金」・「チケットのお求め」をUPしました。
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 18:05| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

『やわらか戦車』ラレコ先生、広島に現る!広島市立大学芸術学部公開講座 アニメーションアカデミー2008/2008年6月1日

待ちに待ったラレコ先生が壇上に上がると、この日集まったおよそ100名のファンから大きな拍手が送られました。

CIMG0646.JPG


講座は、ラレコ先生のお話に、パワーポイントではなく先生の専売特許!でもあるフラッシュでの大画面映像を交えながら進められました。(先生とのドッヂボール大会?はありません!)冒頭、少し緊張した雰囲気に包まれていた会場でしたが、そこはラレコ先生!フラッシュにさっそくいろんな仕掛けが!つかみはオッケー!会場はたちまち笑顔に包まれ一気に和やかムードに。

CIMG0638.JPG


そんな中、ラレコ先生はご自身のキャリアについて順を追って語られました。漫画家アシスタント時代の経験や、「飽きっぽい自分にはぴったりのメディアだった」インターネットとの出会い、「思いついて1日で仕上げた」という『カレーパンのうた』制作秘話、「キャラクターを後押しするための」歌へのこだわりなど、ラレコ先生が「単なる思いつき」と言いながらも『やわらか戦車』誕生までの長い道のりを、これまで明かされることのなかったいろんなエピソードや裏話に当時のレア映像・未公開作品を交え、一挙に紹介!会場に来られなかったファンがうらやむほどの大サービスです。

CIMG0641.JPG


また、クリエーターを志す若い人たちに向けては「上手くなるのを待っていてはダメ!とにかく一つの作品を最後まで完成させてみることが大事!」とメッセージもいただきました。質疑応答の時間には、会場からラレコ先生へ質問が殺到。講座が終わったあとも、ファンひとりひとりと言葉を交わしながらサインに応じるラレコ先生の“やわらか”なお人柄にも触れることができました。

CIMG0645.JPG


広島市立大学芸術学部公開講座 アニメーションアカデミー2008第1回開催は、ラレコ先生の楽しいお話と作品と、たくさんの皆さまのご来場により、大盛況のうちに終了することができました。ラレコ先生、ファンの皆さま、本当にありがとうございました。

CIMG0639.JPG



「やわらか戦車」公式ブログ http://blog.livedoor.jp/yawaraka_sensha/

「やわらか戦車」公式サイト http://anime.livedoor.com/yawaraka/




posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 17:40| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

「やわらか戦車」ラレコ先生が広島にやってくる!広島市立大学公開講座 広島アニメーションアカデミー

 「アニメーションを核とした街おこし」を合言葉に、2005年から「有限責任中間法人広島経済同友会アニメーションビエンナーレ基金」がおこなってきました広島市立大学芸術学部公開講座「広島アニメーションアカデミー」が今年も開講します。

 第1回公開講座の講師は、インターネットで絶賛公開中「やわらか戦車」のラレコ先生です。公開講座は『やわらか戦線異常なし〜超人気フラッシュアニメ「やわらか戦車」誕生の秘密〜』と題し、ラレコ先生が漫画家を目指していた時代から、フラッシュアニメ−ションを作るきっかけ、「やわらか戦車」誕生、そして現在に至るまでの裏側、制作秘話などが、ラレコ先生自身の言葉によって語られます。

2.jpg

  「やわらか戦車」は、2005年12月インターネット上に公開されて以来、脚本・作画・音楽・声の出演までほぼ全てをラレコ先生一人で手がけ、現在まで全14作品が発表されています。「やわらか戦車」は、その愛くるしいキャラクターや作品に込められたメッセージが、見るものを、癒し和ませ、たちまち虜にしてしまう不思議な魅力にあふれた作品です。

gallery01_06.gif

 広島市立大学芸術学部公開講座 広島アニメーションアカデミー『やわらか戦線異常なし〜超人気フラッシュアニメ「やわらか戦車」誕生の秘密〜』は、これまで地方都市ではおこなわれることのなかったラレコ先生の講演会となります。「やわらか戦車」とラレコ先生のファンのかた!ぜひこの貴重な機会に、ラレコ先生のお話や作品に触れ「やわらか戦車」の秘密に迫ってみませんか。みなさんのご来場をお待ちしながら退却―!


日    時  平成20年6月1日(日)13:30〜16:00 
場    所  広島市立大学 講堂 小ホール 広島市安佐南区大塚東3-4-1
講    師  ラレコ
定員・入場  150名 入場無料
お問合せ先 有限責任中間法人
         広島経済同友会アニメーションビエンナーレ基金
         TEL 082-249-8901


 「やわらか戦車」公式サイト http://anime.livedoor.com/yawaraka/


 広島市立大学HP http://www.hiroshima-cu.ac.jp/
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 17:12| Comment(1) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

ひろしまフラワーフェスティバルに、アニメクリエーター誕生!

CIMG0197.JPG

 5月3日から、広島市内(平和記念公園・平和大通り他)で開催された広島と世界を結ぶ平和の花の祭典「2008ひろしまフラワーフェスティバル」は、3日間おおむね天候にも恵まれ、盛大な熱気のうちに幕を閉じました。

 「広島アニメーションビエンナーレ2008」の出展ブース「アニメひろば」にも、たくさんの方々にご来場いただきました。

CIMG0229.JPG


 ブースでは、今夏開催する「広島アニメーションビエンナーレ2008」および「第12回広島国際アニメーションフェスティバル」のパネル・チラシによるPR活動と共に、「パラパラアニメーション」・「クレイアニメーション(粘土アニメ)」のワークショップをおこないました。ワークショップは今年も大好評で、たくさんの子供たちが参加してくれました。


 「クレイアニメーション(粘土アニメ)」のコーナーでは、子供たちが思い思いに粘土でキャラクターを作ります。

CIMG0204.JPG CIMG0224.JPG

 
 クレイアニメのオペレータースタッフも、その≪力作≫に応えるべく、映像づくりに自然とチカラが入ります。キャラクターを少しづつ動かしながら撮影する作業は、ほとんどの子供たちが「クレイアニメ」初体験ということで、最初は少し戸惑いながらも、直ぐに慣れ、いろんなアイデアが飛び出します。
 
CIMG0205.JPG komori_0105  

 
 撮影終了後、完成したアニメを見ます。再生が始まるとモニターを見つめる子供たちの表情は真剣そのもの。親御さんたちやギャラリーから大きな拍手が沸きおこり、モニターの前ではしゃぐ男の子や、少し照れた表情ではにかむ女の子など、たくさんの子供たちの笑顔の≪花≫が咲きました。まさにアニメクリエーター誕生の瞬間です。


 開催期間中、皆さまの笑顔に支えられ、「アニメひろば」を無事終了することができましたこと、スタッフ一同、心より感謝してお礼申し上げます。


 アニメーションビエンナーレでは今後も、さまざまな企画や催しを通じ、アニメーションを核とした「街づくり」に努めていく所存でございます。今夏開催します「広島アニメーションビエンナーレ2008」および「第12回広島国際アニメーションフェスティバル」で、また皆さまの笑顔にお会いできますことを、心待ちにしております。ありがとうございました。

komori_0101


 
 
 
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 14:06| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

広島アニメーションビエンナーレ2008企画参加募集について

2008年7月から広島市を中心に広島アニメーションビエンナーレ2008が開催されます!あなたのグループ、団体、企業も独自の企画と共に実行委員会に、協賛事業として参加しませんか?
現在お持ちの検討中の企画なども一緒に相談し合えれば実り多いものになるでしょう。アニメーション・漫画と、その周辺文化を含め、広島の街興しにつながる皆さんの楽しい企画をお待ちしています。

【企画参加の方法】

■広島アニメーションビエンナーレ2008実行委員会
 ・アニメーション・漫画と、その周辺文化をテーマにイベントを企画実施する企業、団体、グループ、個人が集まり、共通広報を中心に事業の円滑な運営と集客交流の活性化を目指す集まりです。

■予算及び制作
 ・各企画の制作予算についてはその調達を含めてそれぞれの企画団体/グループが独立して責任を持つことが前提です。イベントの制作についても同様です。

■実行委員会への参加
 ・企画参加にあたっては、代表1名が実行委員会に参加していただく必要があります。

■企画の登録
 ・貴団体/グループのイベント企画を以下の項目に沿って記入、提出して下さい。ご相談と調整の上で、常任委員会で確認後順次、プレスリリース/イベントPRチラシへ掲載していきます。

■スケジュール
 ・登録締め切り:2008年5月20日(火)
  ※例年開催直前まで受け入れますが広報的に準備の都合もありますので立案中の企画も早めにご相談下さい。

■登録の方法
 ・登録申し込みシートの必要項目を記入していただき、FAXまたはメールでお申し込み下さい。

【申込書はこちら】 2008HAB.doc


【お問い合わせ】
広島アニメーションビエンナーレ2008実行委員会
Tel : 082(249)8901
fax : 082(249)6230
E-Mail : haby@hiroshima-animation-biennale.jp
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 11:24| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

GWはひろしまフラワーフェスティバルで君もアニメ体験!

 「広島アニメーションビエンナーレ2008」は、5月3日から広島市内(平和記念公園・平和大通り他)で開催される広島と世界を結ぶ平和の花の祭典「2008ひろしまフラワーフェスティバル」に、「アニメひろば」と題しブース出展します。

 出展内容は、今夏開催する「広島アニメーションビエンナーレ2008」および「第12回広島国際アニメーションフェスティバル」のパネル・チラシによる紹介や、前回ご好評をいただいた中学生以下の子供たちを対象とした「パラパラアニメーション」・「クレイアニメーション(粘土アニメ)」のワークショップをおこないます。アニメ作りの体験を通じて、子供たちの夢と未来を育む楽しい企画です。ご家族・お友達とみなさんお誘い合わせのうえ「アニメひろば」へぜひ遊びに来てください。ご来場お待ちしております。


DSC04376.JPG
 みんな夢中でアニメ作り!


日時:2008年5月3日(土)〜5月5日(月) 10:00〜17:00

場所:2008ひろしまフラワーフェスティバル平和公園ブロック
    土谷総合病院北側付近 詳細マップはコチラから。

お問合せ先:広島アニメーションビエンナーレ2008実行委員会TEL 082-249-8901




2008ひろしまフラワーフェスティバル公式ガイドhttp://www.hiroshima-ff.com/
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 13:33| Comment(1) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

「みんなのライトノベルコンテスト」表彰式の模様をお伝えします!



「みんなのライトノベルコンテスト」
の表彰式を、4月4日、広島市中区の広島国際学院大学立町キャンパスにて執りおこないました。

表彰式へは入賞8名の内、東京、大阪、佐賀県他から7名のみなさまにご来席いただき、ご家族や報道関係者らが見守る中、賞状などを授与し栄誉をたたえました。

【緊張の面持ちの入賞者の皆様】
CIMG1139.JPG

【多数の報道関係者】
CIMG1144.JPG

 表彰式はまず、主催者を代表して広島経済同友会代表幹事山本一隆氏が挨拶に立ち、当コンテストの主旨説明、受賞のみなさまへの祝辞を述べ、続いて表彰をおこないました。

【山本代表幹事より、表彰状と副賞の授与】
CIMG1141.JPG

優秀賞、佳作、シナリオ賞、WEB投票賞の順に賞状・副賞が手渡されるたび、会場は大きな拍手に包まれました。当コンテスト審査委員を代表して広島国際学院大学現代社会学部准教授谷口重徳氏より審査講評をおこなったのち、入賞者のみなさまより喜びの声をいただきました。

優秀賞の広島県福山市在住の近藤美緒さんは「今回たくさんの人に読んでもらい嬉しい。他の作品が素晴らしかったので、自分(の作品)が受賞と知ってとても驚いた。」と述べれば、同じく優秀賞の佐賀県小城市在住の石川恵美さんは「友人から(コンテストのことを)聞いて思い切って応募した。小さい頃に見た風景を思い出しながら書く作業はとても楽しかった。」と、それぞれ感想を語ってくださいました。

【新聞記者から取材をうける、受賞者の皆様】
CIMG1142.JPG

【みんなそろって、記念撮影】
CIMG1143.JPG

 昨年11月にスタートした「みんなのライトノベルコンテスト」は、地元広島はもとより全国から多くの方々にご参加いただき、大変盛大な催しになりました。応援いただいたみなさまに心より御礼申し上げます。

 有限責任中間法人広島経済同友会アニメーションビエンナーレ基金はこれより、「みんなのライトノベルコンテスト」入賞作品を原作としたオリジナルアニメーションを制作するプロジェクトを進めてまいります。広島発アニメーション作品の誕生にご期待ください。
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 10:49| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

「みんなのライトノベルコンテスト」表彰式を開催いたします!

〜広島・瀬戸内海・中国地方をテーマにした「新しい物語」をつくる!〜

広島経済同友会アニメーションビエンナーレ基金は、平成19年11月、「地域発の新しい物語」を創出する目的で、広島・瀬戸内海・中国地方をテーマにした小説を募集する、「みんなのライトノベルコンテスト」を開催いたしました。2月29日に募集を締め切り、3月15日〜16日に第1次審査、3月22日〜23日に第2次審査を行い、入賞作品を決定いたしました。

このたび、入賞者を招き、下記のとおり、入賞作品発表と表彰式を開催いたしますので、取材していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。なお、入賞作品、入賞者のプロフィール、作品の詳細等につきましては、会場にて資料を配布いたします。

本年度は、引き続き、当コンテストの入賞作品を原作にした、アニメーションを制作するプロジェクトを進めてまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
 
1.日 時
平成20年4月4日(金)
14時00分〜15時00分

2.場 所
広島国際学院大学立町キャンパス
〒730-0011 広島市中区基町13番7号

3.出席者  
コンテスト入賞者 ※入賞者8名のうち、7名が来場予定
広島経済同友会 代表幹事 山本 一隆(やまもと・かずたか)
広島国際学院大学現代社会学部 准教授 谷口 重徳(たにぐち・しげのり)
広島アニメーションビエンナーレ2008実行委員会事務局長 百々 隆雄(もも・たかお)
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 18:35| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

広島アニメーションビエンナーレ2008の全容が明らかに!

2008年 夏。広島は、まちじゅう、アニメーション

2008年3月25日、広島市政記者クラブにおきまして、「広島アニメーションビエンナーレ2008」の記者会見を開催し、その席上で、2008年夏に開催される、「広島アニメーションビエンナーレ2008」の事業概要を発表しました。

hab2008main_visual.jpg



事業の詳細はこちらから>>【2008/3/25 プレスリリース(pdf)】

開催の目的

広島市では、本年8月7日(木)〜11日(月)の5日間、「第12回広島国際アニメーションフェスティバル」が開催されます。これに歩調をあわせ、「広島アニメーションビエンナーレ2008」を開催し、アニメーションに関するイベントで、まちじゅうを埋め尽し、広島を、まるごと「アニメーションのテーマパーク」へと変貌させ、広島の活性化につなげるものです。

「広島アニメーションビエンナーレ2008」開催概要

(1)テ ー マ
2008年 夏。 広島は、まちじゅう、アニメーション。

(2)会  期
2008年7月〜8月

(3)会  場
福屋 広島駅前店 (南区松原町) 他

(4)事業体制
主 催  広島アニメーションビエンナーレ2008実行委員会
共 催  広島経済同友会 広島商工会議所 広島県 広島市
     ひろしま文化振興財団 広島市文化財団

(5)主な内容
≪メインプログラム≫
「ロボットアニメEXPO」
〜すべては、鉄腕アトムから、はじまった。〜

≪サブプログラム・協賛事業≫
@ 「ひろしま街じゅうアニメーションで賞」
A 広島市立大学公開講座「広島アニメーションアカデミー2008」
B アイ・ラブ・ひろしま
C デパート・商店街でアニメ関連催事
D 映画館・映像文化ライブラリー・公民館でアニメーション上映他

(6)集客目標
400,000人 以上。
posted by 広島アニメーションビエンナーレ実行委員会 at 19:18| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。